Market development of China’s high purity alumina industry in 2021

新闻

2021年の中国の高純度アルミナ産業の市場発展

Limu情報コンサルティングが発表した中国の高純度アルミナ産業の研究と投資の見通しに関する調査報告書(2021年版)によると、高純度アルミナは高硬度、高強度、高温耐性という利点があり、電子機器で広く使用されています。半導体およびその他の産業。高純度アルミナは、主に集積回路や自動車用センサーのセラミック基板の製造に使用されます。最も使用されている材料の1つです。

在中国,国内很多高纯氧化铝企业的标称产能都在数千吨左右。事实上,它们大多集中在荧光粉等低端市场。但国内部分企业纯度已达到4n5以上,在纯度上与国外龙头企业没有差距。在蓝宝石衬底方向的应用可实现进口替代。但在粒径方面,国外企业可以做到30nm(nm)以下,与国内大部分企业还有一定差距。因此,目前锂电池隔膜用氧化铝主要由住友化学等国外厂商提供。

サファイアの応用分野では、国内の高純度アルミナ製造企業は明らかにコストパフォーマンスの利点があり、地理的に顧客に近いため、間違いなく大きな利点があります。同時に、ハイエンド高純度アルミナの分野では、国内企業の技術が進歩し続けており、最先端の技術と高いコストパフォーマンスを備えた国内企業は、迅速に輸入代替を実現し、国際市場に参入して高品質の輸出を行う-純度の高いアルミナ。

由于国内高纯氧化铝市场高端进口垄断,低端饱和,高纯氧化铝替代进口,满足国内市场需求将是发展趋势。

中国における高純度アルミナ産業の発展は比較的遅く、まだ揺籃期にあります。現在、主な製造工程は改良されたバイヤー法です。現段階では、国内製品は主に4Nアルミナであり、5N製品を生産できる国内企業は少ない。2019年、中国の高純度アルミナ産業の生産量は7600トン、需要は15700トン、純輸入量は8100トンに達しました。2020年の中国の高純度アルミナ産業の生産量は8280トン、需要は17035トン、純輸入量は8750トンに達しました。

山东展驰新材料有限公司(上海晨旭贸易有限公司)生产的5N 99.999高纯氧化铝,填补了国内技术空白,打破了国外技术垄断。


投稿時間:2021年10月12日